つみたて投資で資産形成への道

世界一周旅行、船旅、引退後にしてみたいことがたくさんあるので、豊かな老後目指して、つみたて投資で資産形成します。

2019年2月1週目の積立投信運用成績

2019年2月1週目の積立投信運用成績です。

 

 

 

損益率

 

f:id:StarWalk2Antares:20190209124216p:plain

2019年2月1週目損益率

 

 

昨年後半から続いていた米中の貿易摩擦の影響もあり、一時期下がっていた損益率ですが、2019年にはいってからだいぶ持ち直してきました。

 

手持ち資産において主力アセットクラスでは引き続きマイナスの損益率となっていますが、改善傾向ですね。

 

 

アセットアロケーション

 

f:id:StarWalk2Antares:20190209124109p:plain

2019年2月1週目アセットアロケーション

米国のみならず世界中から優秀な人材をひきつけてやまない

優秀な大学、優良企業が多く存在する米国。

そして移民政策を上手く活用して理想的な人口ピラミッド

長期間にわたり維持していけるであろう

米国に対して長期で強気な姿勢です。

 

今後10年は資産形成期なので少し強きで米国株式系投資信託の比率を55%前後まで高めていきたいと思っています。

米国株式系投資信託+先進国株式系投資信託 ≒ 85% ~ 90% 位を目標としたいと思います。


 

Top3:投資額

投資額上位3投信です。

  1. eMAXIS Slim米国株式(S&P500)  (27.75%)
  2. 楽天・全米株式インデックス・ファンド  (23.69%)
  3. 楽天・全世界株式インデックス・ファンド  (13.92%)

 

全体の総投資額のうち、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)と楽天・全米株式インデックス・ファンドを合わせると51.44%と米国系株式投信で投資額の半分を占めています。

1月同週時点から米国株投信が占める割合が1.0%強増えました。

 

 

まとめ

 

一時期の悪い状況は少しづつ脱しつつあり、少しづつ損益率が回復し、精神的にも嬉しい状況になりつつありますね。

今後も米国株投信を中心に引き続き積立を継続していきたたいと思います。